【Genuino】Genuino101の環境設定

冬の雨はこころにしみますね!!今夜のはんだも沁みそうです!!よりみち団です!

早速ですが、ちょっと前までArduinoしか使っておりませんでした。思い切ってGenuinoを使って見たところ、思わぬ落とし穴があったのでここに書いていきます。

ARDUINO IDEのバージョンについて

これはArduinoを使ったことがある人であれば、すでにダウンロードしてあるかと思います。もしも知らない人はこちらの前半部分でダウンロード方法を説明しています。

アップデート好きの私としてはふと気がついた時にArduinoIDEを最新の1.7.11(2016年11月時点)をインストールしました。

Genuino#2-1なぜなら、2016年3月に発売されたGenuinoを動かすんなら最新バージョンがいいに決まっている!! その先入観がいけなかった…

色々なサイトを見てみると、ツールのボードの中にArduino/Genuino Unoという欄があるのだ。

Genuino#2-2

それっぽいのはArduino Industrial 101というものだけで、やはり何をやっても駄目でした。

散々調べた結果、バージョンの問題か?と思う様になったのです。そこでGenuino IDEと検索するとトップにでたのがこちら

Genuino#2-11

ここのDownloadをクリックすると…

Genuino#2-3

なんとバージョンが1.6.12だったのだー

たったこれだけのことで2時間立ち往生してしまいました。

Arduino IDEを2つ共存させるには

せっかくなら最新バージョンも残して置きたいですよね。見た目は同じだが、バージョンが違うので両方アプリケーションフォルダに入れておくことができるのです。

Genuino#2-12

この様にアプリケーションの名前を自分でバージョン名を1.6.12.appと書いて置くことで見分けることができます。お試しあれ。

Genuinoの環境設定

それではGenuinoの環境設定をします!!

Genuino#2-4

無事Arduino/Genuino Unoと表示されましたが、まだGenuino101を使うことはできません。この青く選択している[ボードマネージャ…]をクリックして、Genuino101のデータをインストールします。

Genuino#2-13

101と検索をかけると出てきます。これでGenuino101のブルートゥース等、全ての機能が使えるようになります。

Genuino#2-5

インストール中..

Genuino#2-6

完了!!

Genuino#2-7

これで無事Arduino/Genuino101を選択することができました!!

ブルートゥース(BLE)のコードを読み込む

これでサンプルコードも選べるようになります。

Genuino#2-14

[CurieBLE]→[LED]を開くとサンプルが開きます。

Genuino#2-9

そのまま書き込めば、13番デジタルピンをブルートゥースで5Vを走らせることができます。しかし、通信があまりスムーズに行きません。何度かGenuino101のリセットボタンを押すと書き込むことができました。

Genuino#2-10

これでGenuino101の設定は完了です!!

次回はiPhoneの無料アプリケーションについて説明していきます!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP