よりみち散歩 #11 吉祥寺の外国人事情

外国人の増加

突然だが、こちらは日本政府観光局の統計である。

sanpo#11-static

日本政府観光局(JNTO)より クリックでソース

アジア圏では韓国、ヨーロッパ圏ではイギリス、アメリカ大陸ではアメリカがトップだ。人数だけを見ると、やはり近場であるアジア上位4カ国が全体のトップを占めている。

訪日外国人は昨年の47%増の1973万人であると毎日新聞は発表(2016年1月時点)している。また、武蔵野市観光機構の武藤局長も「個人旅行客を中心に、外国人旅行者は増加傾向にあるようだ。」と話している。

※クリックで全文読めます

sanpo#11-2tamashin

多摩けいざい 2016年4月(季幹)より抜粋

あまり意識したことはないが、吉祥寺は武蔵野市であり、多摩地区に区分される。

さて、このように日本には多くの外国人が訪れている。そして武蔵野市、吉祥寺にも多くの外国人客が遊びに来ているのだ。何かと問題ばかり指摘されがちな外国人だが、せっかくなら友好的に接して行きたいものである。

外国人の集まるお店 2papas

今回の題材で調べて行くと、意外にも [吉祥寺 外国人] というキーワードではあまり期待した様な内容がヒットしなかった。外国人が集まるお店と言えば HUB!! という情報がトップに表示される。だが、HUB系列店は関東だけでも81件にのぼる。ヒットする情報がこれだけでは少し寂しいだろう。

ここで私がたまたま通うようになったお店を紹介してみることにする。

sanpo#11-4twopapasここは以前紹介したジャズ喫茶メグのすぐ下にあるお店「2papas」だ。いつからか、ジャズを聞いた後は、ここで飲み直すことがお決まりのパターンとなっていた。

sanpo#11-5inside

マスターの愛称は「みっちー」

イギリス人のマスターが切り盛りする小さなパブだ。ただ、このマスターは毎日いるわけでは無いので悪しからず。

パブとはバーのイギリス版と捉えていただければ問題ないだろう。パブと言えば、最近流行っているセント・パトリック・デイなどのアイリッシュパブなども流行っている。

snap#12-12stpat.

2010年表参道のセントパトリックデーのパレードの様子

アイリッシュパブではアイリッシュ音楽を定期的に演奏している場合が多い。ここ2papasはパブだが、店内にギターがぶら下がっており、自由に演奏して大丈夫だ。BGMとしてパソコンがスピーカーにつながっており、好きな音楽や番組をストリーミングして共有することができる。EU離脱問題の頃はそのニュースをずっと見ていた。今回のアメリカ選挙の様子も見ていたかもしれない。

ここに通うようになって5年近くなるが、客層は比較的定着しており、大体同じような顔ぶれが揃う。だが、恐れることはない。日本語も通用する。パブという性質上アメリカ人は少なく、イギリス・オーストラリア・ニュージーランド人が多い。

お店は小さく、人が集まればすぐに外まではみ出してしまう。もしも興味があれば金曜の夜に行くといいかもしれない。人が多く集まり、なんとなく雰囲気を味わうことができる。また、距離が近すぎる為、嫌でも会話することになるだろう。この際外国人に巻き込まれてしまおう。

シンプルなメニュー

ここのメニューはシンプルだ。あまり凝ったカクテルは無いが、最低限は取り揃えてある。ビール(キリンの樽:パイント600円)や、ワイン、スコッチ、ラムと各種ソーダとソフトドリンクもある程度はある。キッチンの奥には鉄板があり、そこでは名物のサンドイッチが作られる。

sanpo#11-6sandwich1

ビーフ肉とたっぷりかかったマスタードソースが特徴の一品。

sanpo#11-7sandwich2

なんとパンは自家製らしい。素朴な味わいだが、シンプルに美味しい一品だ。オプションでハラペーニョも乗せられる。注文する時は英語でチャレンジしてみよう。営業時間は若干ルーズで、およそ20時半を過ぎれば営業しているケースが多い。若干余裕を持って(?)来店すると良いだろう。

ちなみにこの場所はお昼時になるとワッフル屋さんとして営業している。まずは下見がてらふらっと立ち寄るのもいいかもしれない。

sanpo#11-12

他にもハモニカ横丁や井の頭公園付近のレストランでも多くの外国人が集っている。これからも色々な外国人ホットスポットを散策し、情報をアップデートして行くようにしたい。

もっと異文化交流したいあなたへ

外国人はよく見かけるが、ちゃんと交流をするには時間がかかる。インターネットがこんなに普及しているのに、実にアナログな問題だ。なんかもっと上手に交流できないか調べていくとこんなサイトを見つけた。

sanpo#11-8meetup

登録すると、関心があるトピックを選択するように言われる。

sanpo#11-9meetup2

言われるがまま進めて、登録が完了する。すると、興味があるものからコミュニティーをマッチングしてくれるのだ。

sanpo#11-10meetup3

選ぶとそのイベントが開催される日程が近くなれば知らせが来る。あとは気が向いたら参加するだけだ。sanpo#11-11meetup4

イベントは毎日、色んな場所で開催されている。会社帰りにタイミングが合えば行ってみるのも良いかもしれない。ただ漠然と英会話を学ぶより、酒と異文化を直接体験したほうが良い刺激になるし、何と言っても自分の人生を彩ることができる。私も機会があれば実際に参加してレポートをして行きたい。

 

ダーリンは外国人 まるっとベルリン3年め トニー&さおり一家の海外生活ルポ<ダーリンは外国人> (コミックエッセイ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP