【Arduino】ついにWaveShieldを動かす!

おはようございます!今日は引きこもります!
ヨリミチ団です!

前回の勢いのまま、早速取り掛かりましょう!
WaveShieldのサンプルをコピペします!!



長っ
いきなりこんなの見ると目が回りますが、大丈夫です。コピペでOKです!
Waveプログラム

これでArduino本体の設定は完了しました。
次に音を鳴らす素材をSDカードに入れなくてはなりません。
以前の記事にもチラっと書きましたが、SDカードは2GBまでしか推奨されておりませんのでご注意ください。
悲しいもので、現在では2Gを探す方が少しむずかしいですがご安心ください。

サンディスク microSDカード 2GB SD変換アダプタ付属 バルク品

新品価格
¥380から
(2016/11/4 23:40時点)

インターネットは最強です。困ったときはこちらからどうぞ

SDカードを初期化しましょう!写真はMacです
ディスクユーティリティ
[アプリケーション]→[ユーティリティー]→[ディスクユーティリティ]を起動して
SDフォーマット
フォーマットを MS-DOS(FAT)に←MacでもWinでも認識できる形式です
名前をアルファベットで自由につけます
ここまで来たらSDカードに音を入れましょう
前回ダウンロードしたWaveHC-masterフォルダ内から
WaveHC2.png
[WaveHC-master]→[FilesForExamples]→[DO_RE_MI]→[voice]の中にある
DO.WAV FA.WAV LA.WAV MI.WAV RE.WAV SO.WAV TI.WAV
をすべてSDカードにドラッグして入れてしまいます!

これをWaveShieldに挿入します。

kiji_10_01

ではどうしたら音が流れるのかというと
GNDとA0、GNDとA1、GNDとA2….GNDとA5が触れたときに音がなるのです!
GND-A0.jpg
動画も撮ってみました!

便宜上GND-A0とGND-A1をボタンに置き換えてみました。

いかがでしょうか?なんだかぐっと現実味を帯びてきましたね。
次回はプログラムがどうなっているのか(フィーリングで)紐解きます!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP