【Arduino】USBにも電気は通っている!! ペンタゴン初号機完成!!

こんにちは!!気がつけばUSBを触らない日はありませんね!!
ヨリミチ団です!

タイトルの通り、USBには電気が通っています。
多くのスマホの充電はUSBから変換されていますよね?
実はそのUSBには5Vの電流が流れていることをご存知ですか?
これは規格で決まっていて、5V 500mAの電力を供給できるようになっているのです。
USB.jpg
Data+-はシリアル通信で使われるピンです。Arduinoに情報を書き込む時にシリアル通信と表示されましたよね?
そもそもUSBとはユニバースシリアルバスの略です。
実はこのピンを使っているのです。そして、Arduinoを起動させていたはのこの両端の5V電源だったのです。
そして、画像の通り1番と4番ピンに通電すればモノは動く様になります。

ここで便利なものがあります。
USBコネクタ

SODIAL(R)10pcsUSBタイプA標準ポートメスはんだジャックコネクタ

新品価格
¥150から
(2016/11/9 02:27時点)

基板取付用USBコネクタAタイプです。基本的に使うのはこちらのメス座のものになるでしょう。
これを基盤に取り付けて、Arduinoの5VとGNDをつなげてあげればUSBスピーカーが生きます。
逆に、スピーカーのUSBケーブルを切って、4本の線を直接Arduinoの5Vに入れるやりかたもありますが、自信があればそれも可能でしょう。

この際、電力不足になってしまうとスピーカーからノイズが発生します。
この問題を解決するために、9V電池を2本並列接続させました。
くれぐれも直列にしないようにしましょう!! 18VになってしまうとArduinoが壊れてしまいます!

大体のUSBスピーカーには駆動しているか分かる様にLEDがついています。
USBスピーカー駆動
これで無事スピーカーの駆動が確認できました!
あとはこれをぬいぐるみの中に仕込めば完成となります。

これらの装置はプラスチックのケースに封じ込めました。
これはモールドケースと言い、ケーブルを引き出すのに穴を開けやすかったことから選びました。

テイシン モールドケース TB56B

新品価格
¥268から
(2016/11/9 02:32時点)


アルミケースも結構安いのですが、ケーブルルートを確保することが難しいと判断し、モールドケースにしました。
このケースにはんだコテで穴を空けてケーブルを通して行きました。
煙(有害かも)が結構でますので、部屋の窓を空けておくことをおすすめします。
いえ、必ず空けてください。
また、レゴを使ったユニークなケース作りをしている記事もたくさん見かけました。
その手があったかぁ〜ということがいっぱいあるのが電子工作の面白いところですね。

 

ということで、ペンタゴン人形初号機が無事完成しました!
最後までご覧いただきありがとうございました!
わしがそだてた

 

もしも分からなかったことや、作ってみて欲しい!ということがありましたら、ご自由に是非コメントを書いてください!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP