【Arduino】delay;()の威力

お昼は暑かったけど夜は肌寒い季節になりましたね!
金木犀の香りを浴びながら今日もヨリミチ団です!

前回は傾斜スイッチの導入に成功しましたが、反応が良すぎて曲がバシバシスキップされてしまいましたね!
でも大丈夫です!タイトルの通りdelayを使えばこんなものミっチリと解決できるのです!

それでは早速書き足してしまいましょう!
delay(5000);
を書き足してみました!では早速どうなるか確認して見ましょう!

これで振り続けても5秒間(Arduino内の時計で5秒なので厳密にはズレがあります)はスイッチを認識しないことになります!便利ですねぇ〜

あとは何秒くらい間隔を開ければ気持ちいいスキップ時間になるかを探れば解決ですね!
振るのをやめれば音源はそのまま流れ続けますのでご安心ください。
ちなみに流れている曲は全て私のオリジナル曲となっております。
ご興味がありましたら是非遊びに来てください。

これで装置はほぼ完成と言ってもいいでしょう!

プログラミングは一旦休憩して、どうやってぬいぐるみを作ったのか
その経緯を説明したいと思います!

体内時計のふしぎ (光文社新書)

新品価格
¥799から
(2016/11/5 00:27時点)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP