【Arduino】wave shield kit v1.1を組み立ててArduinoと組み合わせる その3

こんにちは!ヨリミチしてますか?
ヨリミチ団です

前回はここまで進みましたので、早速続きを書きます!

続きましては3.5φ(3.5mm)ジャックを取り付けます。
一般的なイヤフォンのサイズです。
32イヤホン
基盤の穴の通りにしかはまりませんので、自然と装着できるかと思います。
しかし、穴が少し大きいので太めの半田があると作業は少しだけ楽になります。

白光(HAKKO) 少量はんだ 銀入りはんだ 20g 直径1.0mm FS409-01

新品価格
¥345から
(2016/11/4 23:59時点)

34ボリューム2

同様にボリュームを調整できるパーツも取り付けます。
これも独特の5本足なのではまるように取り付けます。
33ボリューム

このまま取り付けてしまってもいいのですが、私は何度か作っているうちにボリュームが基盤でしか操作できないことに不自由さを感じてしましました。
「できればボリュームは完成しても触りたい」というのが鳴らし屋の性ってもんです。
ということでここから少しだけ私のオリジナルをご紹介させてください。
といっても極めてアナログな内容です。(しかもあまり奇麗じゃないです…ご了承下さい)
35ピンヘッダ
ピンソケットを用意します。写真の物は正確には分割ロングピンソケットと言います。
これにはオスとメスがありますが、両方揃えておくことをおすすめします。

分割ロングピンソケット 1×42ピン 3本セット

新品価格
¥980から
(2016/11/5 00:05時点)

uxcell ピンヘッダー ピンソケット 40ピン ピッチ2.54mm 10個セット 直線型 プラスチック製

新品価格
¥749から
(2016/11/5 00:01時点)

36ピンヘッダ2
そして…
37ピンヘッダ3
そしてそして
38ピンヘッダ3
で〜ん
マドハンドみたいになってしまいました
39ピンヘッダ4
やや長めのジャンパーでつなげればボリュームつまみを少しだけ 外に出すことができます。

お話が少しだけずれてしまいました。
ここでArduinoと並べてみます。今まで作った物を最終的にArduinoの上に乗せることになります。
40マウント
左右にある黒い穴にピンヘッダを刺して繋ぎますが、これは取り外しができる優れものです。
41オスピンヘッダ
ピンヘッダを切り分けます
42分解
ピン8連結を2本
ピン6連結も2本用意します
ちょっとだけ余ります

それらを左右に差し込みます。写真の通りに刺していただければ大丈夫です。
44さす2
43さす1
先にArduinoに刺してからシールドを重ね、その状態で半田付けすることでまっすぐハンダ付けすることができます。
ここで曲がってしまうと取り外しが若干難しくなり、折れてしまう可能性もありますので、この手順がいいと思います。
(私は今回でこれを作るのが7個目ですが、一回それで外に反れてしまいハマらない事態に陥りました)

45かさねる
さぁ、ついに完成が見えてきました!

が!?
46ダメ
ダメ!
3.5φジャックの足が邪魔をしてしまいます。
一度外して、ジャックの足を切ります
47きる
パキパキ
48たいら

これで本当に乗りました!
49シールド成功

後は両サイドのピンを半田付けします
50半田付け
52ハンダdone2
51ハンダdone1

ようやくここまできました。。
ここで無くてもいいのですが、もう一手間加えます。
P1040313.jpg
先ほどお見せしたピンソケットを用意します。
これをこの後の作業を踏まえてあらかじめ穴に刺しておくのです。
P1040314.jpg
P1040315.jpg

ここでテープがあれば作業が少しだけ楽になります。
P1040316.jpg
P1040317.jpg

あ”ぁ”ッ
P1040319.jpg
こういう風にずれてしまうこともありますので、こんな時は
P1040321.jpg
力技で直します

これでようやくケーブルを繋ぎ込むことができます。
やはり直接ケーブルを結線してしまうのはなかなか度胸がいります。ましてや初めて作る場合は逃げ道を用意するにこしたことはありません。
これで刺し間違えても簡単に抜き差し・修正できます。
P1040322.jpg
これでプログラミングで作動させる為の大切な結線をします
57結線
基盤に書かれている
LCS を Digital I/O ②番へ
CLK を Digital I/O ③番へ
DI  を Digital I/O ④番へ
LAT  を Digital I/O ⑤番へ
CCS を Digital I/O ⑩番へ
ジャンパワイヤーでつなぎます。
ここは短い物があれば奇麗にまとまります。

ちなみにこちらは昔作った時の直接結線の写真です
56パッチNG
根元が曲がって何回か折れました。

ここで完成!
と言いたかったのですが、申し訳ありません!
1パーツ繋ぎ忘れておりました!
P1040312.jpg
この針山を取り付けて完成となります!
この針山はリセットボタンに関わる大事なところらしいので私のように忘れてはいけませんね!

これにて本体となるパーツは完成です!!
P1040334.jpg

かなり長い文になってしまいましたが、本日はここまでになります!
最後まで読んでくださりありがとうございました!

kiji_05_01

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP