【Arduino】植木鉢の材料集め

コンセプトが固まってから

今回はArduinoのシステムよりも、「どうすればプレゼントを成立させることができるのか」そこが問題でした。Arduinoに関しては、前回のぬいぐるみのプレゼント同様に、ランダムに再生させる仕組みにしました。前回のぬいぐるみとの違いは、再生方法にありますが、さほど大きな違いはありません。

今回のプレゼントは結婚式を挙げる新郎新婦の名前が、”偶然”にも植物にちなんだ名前だったので、そこからお花や植物を関連づけた物をプレゼントすることができればいいなぁと考えを膨らませて行ったのです。

そんなかわいい系のイメージをベースに、Arduinoのシステムがはまる物を探していく長い長い旅が始まるのでした。

%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%9b%b3-2

材料の吟味

大型店をぶらぶら

植物をモチーフにするのであれば、まずは花屋さんへ行こう。ということで、早速下調べをしてまいりました。まずは大きい場所がいいだろうということで、練馬区関町にあるオリンピックへ行ってみました。さすが大型店。

%e6%a4%8d%e6%9c%a8%e5%b1%8b

いろんな器があって、迷いますねぇ。

%e6%a4%8d%e7%89%a9

大きいですねぇ、インパクトもあっていいかもしれません。

%e6%a4%8d%e7%89%a92

ここから音が流れれば一石二鳥でいいなぁ。なんて考えたりします。

今回は下見が目的だったので、購入したのは面白そうな素材になりそうな「」にしてみました。全く持って衝動買いです。苔をタッチしたら音が流れると面白いカモ…なんて考えるうちにかなり脱線してしまうのでした。

%e8%8b%94

詳しくは以前書いた【Arduino】Arduino2台とタッチパネルを組み合わせる!!にまとめてあります。

結論① 植木鉢自体に仕込むのは困難

結論として、植木鉢に何かを仕込む難しさを痛感しました。ましてや、土の中だったり、水やりがあればすぐに故障してしまうでしょう。じゃあどうすればいいのか考えた時、植木鉢の上に装置を置いちゃえばいいのでは?と考えました。それでは早速ケースを作ろうと、私の中で勝手にそうなったのです。木の板をヤフオクで購入し、切って削って、接着して…

%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9

ボツ

なぜ作ろうと思ったのか。

%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b92

それは単純にボリューム調整ができるフェーダーボックスを作ってみたかったという好奇心が勝ってしまったからであった。結果的には動作確認まで確認できたが、ボックスは完成せず、色々とゴミをまき散らして製作をやめてしまったのです。板をまっすぐ切ることがあんなに難しいとは..いい勉強になりました。

結論② ケースは買おう

ということで、ケース探しも平行して行くことになりました。前回でも書きましたが、DPケース カプセル型 透明(2017年1月9日現在Amazon在庫切れ) という物が偶然、Arduinoにぴったりと入ったので第一関門をクリアすることができました。こちらのケースは新宿の東急ハンズで購入(722円 税込み)しましたが、各東急ハンズにあるのではないかと思います。

11

コツは、手でケースをちょっとへこませることでスーっとArduino+Wave Shieldをスライドさせることができます。

%e8%87%aa%e4%bd%9c%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b92

逆に装置を決め打つことで、プレゼントの植木鉢を見直すことができました。そう、別に鉢じゃなくってもいいじゃない!!という発想に至ったのです。今度は大型店ではなく、地元である吉祥寺中にあるお花屋さんを練り歩きました。しかし、お花屋さんは当然”お花”を中心に取り扱っているので、最終的に行き着いた先はデパート内にあるちょっとカジュアルなボタニックショップでした。

結論③ 鉢である必要は無い

%e5%af%84%e3%81%9b%e6%a4%8d%e3%81%88

こちらは吉祥寺コピス4階にあったインナチュラル吉祥寺店だったのですが、なんと!!2016年10月16日に閉店してしまったのです!!現在は大泉学園に移転されたそうです。

さて、この写真は木製のバスケットにハーブが3つ寄せ植えされております。このバスケットのみを購入し、その中にかわいいお花や、ハーブ、そしてArduinoの装置を仕込むことにしました。念のため、花言葉に気をつけつつ、縁起の良いお花を選ぶ様にもしました。

これでプレゼントの枠組みが出来てきて一安心ですが、プレゼントの結婚式日の半年前に計画を初めたのにもかかわらず、ここにくるまで4ヶ月も情報収集・組み立て&失敗を繰り返しておりました。ここから一気にスパートをかけてなくてはなりませんでした。

装置に平行してムービー制作

結婚式の余興と言えばもはや定番の自主制作ムービー。これも時代の流れで、無料ソフトでもかなり優れた映像を制作することが可能になっております。実際にテレビで放送されている映像の中でも編集技術者ではなく、ディレクター自信が自分で撮影して、Macで編集(FinalCutが多いですが、今後はAdobeのPremireProが主流になるでしょう。シンゴジラの映像がPremireProで編集されたことに映像・放送業界はかなり動きを変えています。)したものがそのまま放送されていることはもはや当たり前です。

そんな私はPremire ProとAfter Effectsを使い映像を編集しました。音楽は友人に頼み、足りない分は自分ではLogic Pro Ⅹで作曲し、ProToolsで効果音を付けて行きました。これも今後はAdobe Auditionに移行した方がデータ間の移行が格段に簡単に(そのままドラッグ&ドロップぽいぽいぽい)できるので、検討の余地はありありです。

14-2

撮影風景

私は新婦側の余興担当をしましたので、ベタですがSNSを利用して、新婦の友人にコンタクトをとりお祝いメッセージ(映像のみ利用)を依頼しました。そして映像は完成したのですが、個人情報を気にされる方もおりますので、アップロードは今のところしておりません。

映像をただ単につなげるだけでは、もはや顰蹙を買ってしまいます。今回はこのプレゼントを作る過程をストーリー風にして、友人達からメッセージが届いて完成していく物語にしていきました。

16-2

いろんな友人からヒントとなるメッセージが飛んできては、壁に貼る(ロゴは個人名)

17

After Effectで簡単な効果を付けました

およそ10分のムービーにオリジナルソングまで付けて、プレゼントを送る。なんでもやってみてしまうのが我々ヨリミチ団のいいところです。もちろん全員仕事をしている傍ら、「時間は作る物だ」と豪語し日々ちまちまと作業を続けました。趣味で所有していたLEDライトはマイクスタンド等にネジの変換(SHURE-JIS変換)を付けて利用しました。これらの様子はまた別の機会にご紹介します。

必要な工具・素材

・生け花用のブリック

寄せ植えの器が決まったので、次は配置をしていきます。計算外だったのは、寄せ植え用のプランターではかさが足りず、お花が器の上に出てこなかったのです。

そこで吉祥寺kirarina8階のユザワヤで色々と買い出しに行くのでした。ピンと来たのはこちらの素材。2

よく生け花などで使われるアレです。子供の頃は濡れたコレをよく指でつぶして遊んでおりました。こちらはフラワーアレンジメントのオアシスデラックスと言うそうです。

1

ユザワヤ価格は248円でしたが、メーカーによって名前が違う様です。こちらのAmazonでは生花用ブリックと呼ばれています。

東京堂 フラワー資材 生花用ブリック1個箱 maxlife SJ771100

新品価格
¥562から
(2017/1/9 23:02時点)

・プロクソン ミニルーター&ビット

これは必ずしも必要ではありませんが、あると今後の制作ライフに革命をもたらしてくれること間違いないアイテムです。こちらのルーターは単純に先っぽがくるくる回るドリルのようなものですが、とても丁寧に削ったり、穴を空けたりすることができるのです。

3

私が購入したのはこちらです。

プロクソン(PROXXON) ミニルーター MM100 No.28525

新品価格
¥7,969から
(2017/1/9 23:05時点)

 昨年まではルーターの先も色々と店頭販売されていたのですが、移動されたのか、あまり需要がないのか、見当たらなくなってしまいました。これらは店頭よりもインターネットの方が格段と選択肢が広がります。注意点としては、ルーターの口径のサイズと一致した物を必ず確認する必要があります。

超硬バー VOOLOVE タングステンバー (3mm軸 刃幅6mm) 金属加工用 ポート加工用  金物 切削 研磨 樹脂切削用(10本セット)

新品価格
¥1,000から
(2017/1/9 23:09時点)

 プラケースにケーブルを通す穴をこれで空けました。しかし、コレを買うのはちょっと..という方は十分換気されている部屋で、ハンダで穴を空けるのもいいかもしれません。

・造花

5

こちらもユザワヤにエスカレーターで上がると、真っ先に目にとまるお花達です。でも全て造花なんです。今回は、全て生花だと、どうしても隙間ができてしまったりしたので、隙間に少し造花も挟み込みました。写真手前のお花は脅威の50円で販売されています。足は長めに作られているので、必要に応じてペンチなどで、造花の足を切ると良いでしょう。足は大体針金が入っているので、はさみはできれば避けた方がよいかもしれません。

・その他工具

4

吉祥寺のユザワヤはかつてビル全体が手芸のお店でした。しかし、現在では8,9階の2フロアに縮小され、9階では布生地系に特化しています。わくわくするバラエティーコーナーは8階がメインということになります。

どうしても工具等のボリュームはホームセンターや秋葉原には負けます。納得がいかなければ、吉祥寺のヨドバシカメラに行くのもいいかもしれませんが、電子工作も含めるとネット通販か秋葉原に行くのが賢明でしょう。

ユザワヤではヤスリ、紙ヤスリ、接着剤、針金を購入しました。
7

接着剤は結果的に重要なアイテムになってきました。これについては次回触れて行きます。

これで最低限の材料が揃いました。

次回は、これらを組み合わせて形にして行きます!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP