【Arduino】Arduino2台とタッチパネルを組み合わせる!!

和風エンタラクティブ装置

こんにちは!!ヨリミチ団です!!

今回はタッチセンサーを使って音を鳴らす試みをしてみました!!早速ですが、こちらのムービーを御覧ください!!

贅沢にもArduino2台にWave Shield Kitを付けて並べております。この音源はBGM代わりとなっている[自然の音]と、タッチセンサが作動した時に鳴る[効果音]に分けられています。ぴよぴよ鳴いている鳥の鳴き声はこちらが用意した音源です。

この音は1つのスピーカーから鳴らしたかったので、市販のミキサーキットに入力しました。それぞれを別々のスピーカーから鳴らしても面白い効果が得られるかもしれませんね。

静電容量式フィルムセンサ開発ボード

早速ですが、こちらは静電容量式フィルムセンサ開発ボードを利用しております。こちらで購入することができます。

静電容量式フィルムセンサ開発ボード

新品価格
¥6,998から
(2016/12/8 00:12時点)

これはタッチセンサーとして、電子工作に組み込むことができるものです。なんとなく苔を触ったら音がなると面白いかも…と思いたち、こんなものを作ってみました!!

%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc

苔を放置していると、BGMが流れ、触ると効果音が鳴る…

これはリレースイッチを入れて、タッチしたら効果音が流れる様にしました。Wave Shield Kitはどちらも、一度再生したら最後まで再生するモードにしてあるので違和感なく音が鳴り続けます。BGMが終わったら、またスイッチを触れば、効果音とBGMが再び流れる仕組みです。

%e5%9c%a7%e9%9b%bb%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc1

奥に見える3つのピンの端がINとOUTとなっております。これを拡張することで様々なものをタッチセンサーに変えてしまうことができるのです。

%e5%9c%a7%e9%9b%bb%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%83%a0%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc2

直接触ってみると、タッチを認識しLEDが緑色に光ります。とてもわかり易いしくみですね!!

ご覧のように、ちょっとお値段が貼りますが、完成したボードですので色々と安心です。さらに、これには無料のアプリがあり、しきい値をコントロールすることができるのです!!

%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc

しきい値とは、感度です。しっかり触らないと反応させたくなかったり、ちょっとかするだけでも反応したり、自分の環境に適切な感度を記録させることができます。このツールはWindowsしか対応していないので注意が必要です。ボードにmicroUSB端子が付いているので、PCに繋ぐと上の様に波形モニターが出てきます。赤い線がしきい値になります。しきい値を高くすれば、より鈍感になるのがわかりますね。逆に下げすぎると、反応しっぱなしになってしまうこともあるかもしれません。

今回の動画では手をかざすだけで、センサーが反応しています。実は感度をMAXにしており、触れなくても手をかざすだけで反応するように設定したのです。もちろん、しきい値を上げて、しっかり触らないと反応しないようにも出来ます。

スピーカーとケース

今回使ったスピーカーは秋月電子で販売されているダイナミックスピーカー8Ω 0.3W 66mmΦ NA202Cを利用しました。お値段は100円です。

今回はどうしても1つのスピーカーから音を出したかったので、市販のD級ミキサーアンプキットで作ったミキサーを使いました。残念ながらうっかり壊してしまい、何を使ったかまでは覚えておりませんが、Yパラケーブルを使って、1つのスピーカーにいれても良いかもしれませんね。その際、電圧等に気をつけないとノイズが出てしまいそうですが…

さて、スピーカーだけでは音がぺらっぺらで全く良く聞こえません。よく聞こえるようにするには、筐体が必要となります。新宿の東急ハンズをぶらぶらしていたらこんなものを見つけました。

DPケース カプセル型 透明

新品価格
¥772から
(2016/12/8 00:27時点)

これがスピーカーにぴったりハマったのです!!しかも、スピーカーだけでなく、この中にArduino+Wave Shieldもすっぽりと入ったのです。以下の写真は別のプレゼントを制作しているときのものです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-23-42-09

このプラスチックケースの底に穴を空け、ケーブルを通すと目立たない様に配線することも出来ます。今後重宝しそうです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-23-42-37

この様にジャストフィットします。この写真のプレゼントはまた次回書いて行こうかと思います。実は今回の和風インタラクティブ装置は、この写真のプレゼントを作るまでに出来た副産物だったのです。

安価な静電容量式タッチセンサ

最初の紹介したタッチセンサはちょっと高いです。しかし、以下のような安価なセンサもあります。

AT42QT1010 静電容量式タッチセンサ

新品価格
¥992から
(2016/12/8 00:37時点)

これにはしきい値の設定ができませんが、タッチで作動させることができます。これでも十分工作に組み込むことはできそうですね!!他にも様々な種類があるので、気になったものがあれば是非試してみましょう!!

さて、最後の方で出てきた写真はペンタゴン人形に継ぐ、新たなプレゼントです。こちらの情報もアップしていくので、今後共是非御覧ください!!

%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%9b%b3-2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP