DAY5 初めてづくし

寝不足の朝

前にも書いたが、病院の朝は早い。意識の高い患者は起床時刻の6:30からじゃんじゃん車いすや、松葉杖の訓練を廊下でしている。それと同時に目は覚めてしまう。ぼーっとしていると、今日は血液を検査しますといわれ、ベッドのまま血を抜かれる。もうずいぶん慣れた物だ。左腕にはもう3つ穴が空いた。

血を抜いた後少し落ち着くと私も周りに感化され、8時頃にトイレがてら廊下を歩く。点滴を離脱してからは、杖代わりだったタイヤ付きの点滴のポールは無い。若干の不安を抱えながら立ってみると、痛みはあるもののまっすぐ立てる。昨日は前屈みがやっとだったのに、これには手応えを感じた。気を良くしてぶらぶらしていると、私の部屋から主治医が出てきた。行き違いになったようだ。

いつもベッドに寝ている私に強めの口調だった医師だったが、ずんずん歩いている私を見た先生は驚き混じりの笑顔だった。「数日前に手術したとは思えないね!」と言われ、いつもの説明調の話は無かった。そのまま朝の挨拶は終わる。これで先生の心配はほとんど無くなったようだ。

部屋に戻ると、看護婦があったかいタオルを持ってきて背中を拭いてくれた。入院後初めて体を拭く。気持ちがよすぎる。今日から頭だけを洗うシャワーも許されたが、使えるのは午後からだという。体だけでも十分だ。清々しい気持ちのまま、朝食に臨んだ。

4-1

なんと牛乳が出てきた。人によっては朝の牛乳にはトラウマがあるのではないだろうか。お腹がごろごろして、通勤通学の途中で何度も自分を恨んだことがある。幸か不幸か、今はおむつをはいてるしモノは試しだろうと牛乳を飲みきった。うまい。

まだ完食はできなかったが、確実に快方に向かっている。体温は昨夜より下がり、37.4℃だったり、37.7℃だったりと安定はしていない。お腹の細胞はまだ戦っている様子だ。

術後初の便通

その時は予兆を何度も醸し出しながらやってきた。朝食を終えた後から、お腹がゴロゴロと元気よく動いている。ここまでは予想通りだったが、心配していたのは下痢だったらめんどくさいなということだった。まぁ、おむつのおじさんには関係ない話かもしれないが、大人の尊厳もあるのだ。

ガスに完成は、入院以前より出てるのではないだろうかというくらい出る。最初はうれしかったが、今は恐ろしい存在だ。どさくさに紛れて液状のヤツが出てこられるのではないかとヒヤヒヤものである。豊かな経験を生かし、2歩先にトイレに入ることにした。10時、11時と予兆を感じるのだが、どうもでない。そうこうしていると12時の食事が奥の部屋から運び始められていく。ここは一度身を引くか..と思ったらまた便意が降り注ぐ。今度は強めの反応だ。食事の前にはあったかいお茶が運ばれる。これを一口飲み、再度チャレンジした。

12:05

術後初めて便がでた。量は少なく、若干細くて柔らかかったが、見事な固形だった。感激した。今日はなかなか体の調子が良い。トイレから戻り少し経つと昼食が運ばれた。

昼食

この日の昼食はうどんだったが、私のは細かく刻まれている。

4-2

伸びない為の配慮か、スープと麺別のボウルに分けられいた。それよりも目が向かったのはデザートの生クリームといちごのババロアである。入院してからは無性に甘い物が欲しくなっていた。迷わず生クリームの部分を、全神経を集中して最初に食べた。素晴らしい。予想通りの味だが、この時点で満足だ。

あとは自分に課した30分ルールでゆっくり食べる。このうどんも完食することができなった。スープとババロアを完食し、横になる。体感の話だが、食後は体温が上がってちょっと苦しくなる。

隣人が移動

私は社交的な方だとは思うが、あえて近い距離の人とおしゃべりをする程オープンではない。固定メンバーで長期ならばまだしも、カーテンを1枚隔てた人と密なコンタクトを取ると色々と面倒なことが起きそうだ。私が一昨日部屋を移った時からその隣人はいた。どうも糖尿病の患者らしく、薬の効きを色々と試しているようだ。隣人は規則正しく起き、食事を全て平らげ、食器を毎回自分でさげていた。医師がくるたびに、すごく細かい自分のデータや数値を並べ考察し、相談している。うんこを1回して喜んでいた私は完全に劣等感を感じた。

勝手にライバル視していた私だったが、この昼過ぎにその隣人は移動することになった。1泊2000円の4人部屋に行くそうだ。去り際に「お世話になりました」と簡単な挨拶を交わした時に始めて顔を見た。いい人そうだった。

良き隣人が去った後に、部屋を管理している看護婦が、ヨリミチおじさんも4人部屋に移動なさいますか?と聞いてきた。丁重にお断りした。これ以上ライバルが増えると参ってしまいそうだ。

5日ぶりの洗髪

15:00

朝ぶらぶらしていた時に、骨折した人が看護婦に頭を洗ってもらっていた。そういうシステムだと思っていたら、どうやら動ける人は自分で頭を洗う決まりになっているそうだ。点滴はというと、気をつけながら洗えば良いと言う。

タオルは使い放題プランで、棚には既に何枚も用意されていた。シャンプーとドライヤーをナースセンターで受け取ると、お腹を気遣いながら洗面台に移動する。午後であれば、空いていれば早いもの勝ちで利用して良いそうだ。

一通りの説明を受けると、点滴針が刺さっている方でシャワーホースを持ち、フリーの左手でシャンプーを触ることにした。自分で洗えというからには、点滴針周辺に洗剤が多少かかっても大丈夫だとは思うが、生理的に避けたかった。

5日ぶりの洗髪だが、実は入院した日の夕方に髪を切っていた。短髪にしておいて助かったが、油と汗でバキバキに固まっていた。使い捨てのシャンプーを二度に分けて頭を洗う。これでようやく体同様、全身すっきりすることができた。

二度目の便通

体を動かしたからか、また腸の動きが活発になった。ほどなくしてまた便意がやってきた。まさかと思いながら、16:10に二度目の便がでる。これも固形だったが、最初よりやや量がある。もう最初の感動は無い。

ついに完食

そしてこの夜、初めて完食を果たすことになる。

4-3

こうしてみると結構多い様にも見える。野菜と焼き魚はもはやそのまま出された。徐々に食事は普通のものに置き換えられている。30分かけて完食した後、次の目標は明日から全部完食することにした。

食後は予定通り夜10時に点滴を打たれた。その後、こっそりパンツに履き替えた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


PAGE TOP